現在の位置 : ホーム  >  K-BETS活動ファイル   >  技術者の現場レポート  >  住まいづくりフェア 2013年5月25日  宮地利彦 

バイオマスエネルギーを推進するK-BETSの活動ファイル

K-BETS活動ファイル

2013/6/9 日曜日

住まいづくりフェア 2013年5月25日  宮地利彦 

カテゴリー: 技術者の現場レポート   by k-bets 編集長 @ 13:30:52

  スマートハウスEXPO2013
場所:東京ビッグサイト 西ホール 
exp01.jpg
exp02.jpg

東京ビッグサイト入口         西ホール 入口 受付
印象:大手住宅メーカーではなく、中小の工務店が元気で、木造住宅を提供しようという熱意を感じた。また、当然ながら地震対策の展示が多かった。

モキ製作所 http://moki-ss.co.jp/index.php

ブースは小さいながらも、ストーブに特化した展示で、多数の訪問者がみられた。
exp03.jpg
exp04.jpg

対応中のモキ製作所 深澤主任 魅力的なモキ製作所の縦型ストーブ

深澤主任は、阿部氏、篠崎氏をよく知っているとのことで、両氏の活動範囲の広さを実感。


興味深い内容を以下紹介

藍原工務店 http://www.aihara-k.com, mail info@aihara-k.com

 茶室専業になりたいと思っている。千葉の山武杉を材料に純和風建築の技術を守っている。木造住宅は、その土地に生えていた木材を使って建築すると、長持ちするとのこと。外国産では気候風土が異なり、せいぜい20年の寿命。政府の外材輸入策に憤懣かるかたない。
exp05.jpgexpo11.jpg
営業藍原氏と後継者の息子さん  純日本建築の茶室
  日本建築は壁塗りだけで一回3か月乾燥が必要、3度塗りすると9か月。茶室には檜は使わない、山武杉の芯や皮を除いただけの部材などを使用箇所によって使い分ける。(藍原氏談)

  千葉県中心に炭の家を展開する 株式会社フレスコhttp://chumon.frescohome.co.jp

exp06.jpgexp07.jpg
 炭を袋に入れて、1階と2階の床面下に配置する。一棟当たり約1トン。
換気システムで、炭で浄化した空気を室内に放出する。シックハウスの問題皆無とのこと。
expo9.jpgexo10.jpg
 炭を詰めた袋         袋の中は竹炭である