現在の位置 : ホーム  >  K-BETS活動ファイル   >  技術者の主張と提言  >  イギリスでできて日本でできない事象 2015年1月20日荒川英敏

バイオマスエネルギーを推進するK-BETSの活動ファイル

K-BETS活動ファイル

2015/2/23 月曜日

イギリスでできて日本でできない事象 2015年1月20日荒川英敏

カテゴリー: 技術者の主張と提言   by k-bets 編集長 @ 15:58:18

イギリスでできて日本でできない事象   - その理由を探る - england-and-japan1.pdf

 

環境問題関連で取り上げますと、京都議定書による「温室効果ガスの排出状況」の比較データで、
◎イギリス  -25.0%    778万円(国会議員の歳費)
◎ドイツ   -24.8%    944万円
●日本      +4.3%  2160万円
以上の様に、並べて比較してみますと、[国会議員の歳費を低く抑える国」ほど、「温室効果ガスの排出削減は進む」との法則性が推測できます。これは、非科学的な論拠になりますが、なんらかの関連性もあるのでは、と考えてみたくなる、興味ある問題です。  渡辺雅樹