アメリカのバイオジーゼル事情

”世界のバイオマス関連セレクション”アメリカのバイオジーゼル事情
Fuel From Plants, Not Oil Wells
New York Times May 18, 2008

http://www.nytimes.com/2008/05/18/automobiles/18BIO.html

ガロン単価はB20バイオジーゼルが$4.59に対し、バイオを混ぜてない石油ジーゼルは$4.64である。問題はバイオジーゼルを売っているスタンドが少ないことで、ニューヨーク市にはブルックリンとブロンクスに各1店しかない。もうひとつの問題は、古い車やトラックにバイオジーゼルを使うと、シールやホースが壊れやすくなることである。その一方で、バイオジーゼルは原料を栽培中に空気中の二酸化炭素を吸収しているので、全体の二酸化炭素の排出は石油系ジーゼルに比べて78%少ない。最近はバイオジーゼル燃料の標準化が整備されて、加工段階で使われた腐食性の物質はほとんど取り除かれている。それでもどこのスタンドでも買えるほど普及が進んでいるヨーロッパでさえ、ほとんどのスタンドでは混合率がバイオ50%以上のものは販売していない。

アメリカでは、ウエブサイトから入手した作り方に従って、レストランの廃棄油から回収した植物油、苛性アルカリ、エタノールなどを使い、自分でバイオジーゼルを作っている人も多い。

バイオ燃料に関する一問一答

”世界のバイオマス関連セレクション”バイオ燃料に関する一問一答
Q&A: Biofuels By Vikki Miller
Guardian May 23, 2008

http://www.guardian.co.uk/environment/2008/jan/21/biofuels.alternativeenergy/print

一時期は未来の代替燃料としてはやされたバイオ燃料が、予想したほど環境にやさしくないという批判が高まって、改めて見直されている。リンク先にはVikki Millerのまとめた一問一答が掲載されている。

ブラジルのバイオ燃料事情

”世界のバイオマス関連セレクション”ブラジルのバイオ燃料事情
The sweet hereafter
Guardian May 28, 2008

http://www.guardian.co.uk/environment/2008/may/28/1

このところ、バイオ燃料への風当たりが急に厳しくなってきた。環境汚染源といわれ、森と穀物生産を脅かす源泉とされている。しかしブラジルは依然として、環境保全性の高いサトウキビエタノールと関連技術の面で、世界最大の位置を占め続ける野望を捨てていない。
しかしそのブラジルさえ、さすがに小休止を迫られている。救世主が一転して敵役にされ、いまや飢餓も気候変動も悪いのはすべてバイオ燃料とまで見られている。ヨーロッパで唯一ブラジルからエタノールを輸入している、スウェーデン代表の欧州議会議員Anders Wijkmanは、「エタノールは数年前には天国、いまは地獄だ。しかし真実はその中間のどこかにあるはずだ」という。