2010年 注目すべきクリーン技術

Clean Tech 
December 23, 2009

Top 10 cleantech promises to watch for in 2010

http://cleantech.com/news/5447/top-10-cleantech-promises-2010

2010年はクリーン技術の大切な年になる。
実現性、重要性の序列を別にした10の技術として、キャパシタ利用のバッテリーである
ウルトラ蓄電池、海水脱縁技術、バイオ燃料の需要拡大、日本で始まるEVネットワーク、
省エネのレンガ造り、宇宙太陽発電、バイオ燃料技術の進歩、大規模太陽発電、大手
自動車メーカの電気自動車志向、新規自動車メーカの動向が注目される。

EIAの2010年エネルギー見通し

Green Car Congress 
December 15, 2009
EIA Energy Outlook 2010 Reference Case Projects Moderate Growth
in USEnergy Consumption, Greater Use of Renewables, and Reduced
Oil and Natural Gas Imports

http://www.greencarcongress.com/2009/12/aeo2010-20091215.html#more

Biofuels Digest            January 1, 2010

10 Biofuels Predictions for 2010

http://www.biofuelsdigest.com/blog2/2010/01/01/10-biofuels-predictions-for-2010/

2010年の幕開けをお祝いします。
今年第一回の情報として、下記と概要をお送りします。
エネルギー情報局の長期予測速報によると、2010-2035年の期間に米国のエネル
ギー消費は緩やかに増え、再生可能燃料が増え石油と天然ガスの輸入が減る。
しかし大きな政策変更がない限り、2035年でも化石燃料が78%を占め、CO2排出は
年間0.3%増える。
2010年にはカリフォルニア州の低炭素燃料基準に準拠したバイオ燃料基準を定める
州が増え、セルローズエタノールの生産が立ち上がり、石油大手のエタノール工場買
収が増える。

2009年エネルギー技術の回顧

MIT Technology Review 
December 28, 2009
The Year in Energy

http://www.technologyreview.com/printer_friendly_article.aspx?id=
24280&channel=energy§ion
=

2009年はバイオ燃料メーカが苦戦するなかで、バッテリー、再生可能エネルギーなどの
技術の進歩、政府の技術行政が活発な年だった。
岩鉱床から天然ガスを経済的に採掘する技術、石炭発電に伴う二酸化炭素の削減技術、
石炭発電と太陽熱発電の共用、スマートグリッドと電気自動車と充電技術、バッテリー、
セルローズエタノール実証工場の建設など多面的な進歩があった。

藍藻はバイオ燃料の基本原料となるか?

Biofuels Digest  December 23, 2009
Cyanobacteria: the new biofuels platform?
http://www.biofuelsdigest.com/blog2/2009/12/23/
cyanobacteria-the-new-biofuels-platform/

500以上の企業で、バイオ燃料の原料として藻、珪藻類、藍藻、アオウキクサなどさま
ざまな微小開花植物を使う研究が行われている。
最近とくに活発になったのは、アオコとも呼ばれる藍藻 (cyanobacteria) の研究である。
2010年は藍藻研究の年になりそうだ。
これまで注目されなかったのは、脂質の含有量が少なく、バイオ燃料の原料として
適性が低いと思われていたからである。

南アフリカのバイオ燃料に明るい見通し   

Business Day (South Africa)  
October 7, 2009
Bright future for biofuels
http://www6.lexisnexis.com/publisher/EndUser?e=
kingsano2@aol.com&Action=UserDisplayFull
Document&orgId=102209&docId=l:1052506114

&topicId=123220003&start=2&topics=single

各国のバイオ燃料事情 4Q/09
この期間に報告された情報一覧には次のものがあります

日本ベトナムのバイオマス共同プロジェクト
スウェーデンのバイオ燃料市場に弾み
ベトナムのキャッサバ輸出倍増か
タンザニア政府がバイオ燃料投資を保留
マレーシア混合燃料の使用施行延期を検討 
Biofuel Africa ガーナでヤトロファ油製造を開始
見通し明るい インドのバイオ燃料
BioCube バイオジーゼルでニューギニアに進出
比政府 輸入エタノール関税引き上げに難色
KLMのバイオ燃料による試験飛行計画
マレーシア政府 バイオジーゼル3%混合を推進
ニュージーランド開発のバイオ燃料技術
インドのバイオ水素工場 
韓国 LGインドネシア農園を買収
タイ石油エタノール 工場の新設を検討
インドPRAJ のバイオ燃料プロジェクト
フィンランドNesteの現状
代替燃料産業の育成を進めるタイ