化学原料としての二酸化炭素の可能性

MIT Technology Review 
January 15, 2010
A New Way to Make Useful Chemicals from CO

http://www.technologyreview.com/printer_friendly_article.aspx?id=24369
&channel=energy§ion
=

銅は空気中の酸素と接触すると青くなるが、二酸化炭素とも反応して予想外の性質を
示すことがわかった。
空気中の二酸化炭素濃度は数ppmに対し、酸素は20%を占め活性も高い。
しかし銅化合物は空気中の二酸化炭素とも反応してシュウ酸塩になり、これをリチウム
塩に接触させると家庭用金属磨きの主成分となるシュウ酸リチウムができる。
これが二酸化炭素濃度の低下に寄与することは考えられないが、新しい反応機構の発
見でさらなる研究が続いている。