エネルギー開発助成金制度の運用改善

MIT Technology Review  Dec 15, 2009

DOE’s Agency Learns from Some Early Mistakes

http://www.technologyreview.com/business/24210/?a=f

新エネルギー技術研究助成金を決定運営するARPA-E (エネルギー省高等エネルギー
研究計画局)は、 一回目の問題点を改めて近く二回目の選定を行う。
リスクは大きいが潜在発展力のある技術支援が目的のため、これまでの助成とは桁外れ
に多額で失敗も容認される。
次回の目標技術はエネルギーの蓄電、CCS、光合成による液体燃料である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です