リグニンを有用物質に変える酵素

米国立再生可能エネルギー研究所 June 27, 2018
Researchers discover new enzyme paradigm for critical reaction in converting lignin to useful products
https://www.nrel.gov/news/press/2018/researchers-discover-new-enzyme-paradigm-for-critical-reaction-in-converting-lignin-to-useful-products.html

米国再生可能エネルギー研究所 (NREL) の研究者を中心にした国際研究チームが、リグニンの変換に効果のある、シトクロム酵素P450 (佐野注: 特定の酸化還元酵素ファミリーに属する酵素の総称) を発見して、その特質を明らかにした。シトクロム酵素P450は地上で最も用途の広い酵素の一つで人体内にも存在し、毒性物質を含む物質の代謝含め多くの代謝経路にも関わりがある。この酵素には長い研究歴があり、AからMまでの分類もされている。