現在の位置 : ホーム  >  世界のバイオマスニュース   >  化学工学・バイオ・環境, 環境・エネルギー  >  ウイスコンシン大のバイオマス分解用共溶媒の研究

世界のバイオマスニュース - 佐野レポート -

世界のバイオマスニュース

2018/3/13 火曜日

ウイスコンシン大のバイオマス分解用共溶媒の研究

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,環境・エネルギー   by editor6 @ 23:10:15

BiofuelsDigest Mar 5, 2018
University of Wisconsin-Madison researchers looking at cosolvents to break down biomass
http://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2018/03/05/university-of-wisconsin-madison-researchers-looking-at-cosolvents

ウイスコンシン大学マジソン校で水と共溶媒と液体触媒を使って、バイオマスを分解する技術の開発が進んでいる。バイオマスの分子を周辺の水と共溶媒と酸触媒の混合物の中で溶解し、数万個の原子をモデル化して触媒活動を活性化したときに触媒の周辺で原子が高速運動を始めることを利用した方法である。