現在の位置 : ホーム  >  世界のバイオマスニュース   >  バイオ燃料, 化学工学・バイオ・環境, 方針・政策, 環境・エネルギー  >  ワシントン州立大のジェット燃料研究

世界のバイオマスニュース - 佐野レポート -

世界のバイオマスニュース

2016/12/6 火曜日

ワシントン州立大のジェット燃料研究

Washington State University Dec 2, 2016
Grant funds test of market potential for jet fuel research
https://news.wsu.edu/2016/12/01/grant-funds-test-market-potential-jet-fuel-research/

米国立科学財団 (NSF) には開発技術者を学問の発想から脱し、研究の成果を実用化することを推進するNSF I-Corpsというプログラムがある。ワシントン州立大がこれに選ばれ、木材廃棄物のリグニンから誘導した、ジェット燃料レンジのハイドロカーボンを作るプロセスを開発し、先月はこれを利用してアラスカ航空が、WSUがリードするNorthwest Advanced Renewables Allianceで製造した森林廃棄物から作ったジェット燃料を使った初の商用飛行を行った。