現在の位置 : ホーム  >  世界のバイオマスニュース

世界のバイオマスニュース - 佐野レポート -

世界のバイオマスニュース

2018/8/3 金曜日

リグニンを有用物質に変える酵素

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,藻・光合成   by editor6 @ 1:22:48

米国立再生可能エネルギー研究所 June 27, 2018
Researchers discover new enzyme paradigm for critical reaction in converting lignin to useful products
https://www.nrel.gov/news/press/2018/researchers-discover-new-enzyme-paradigm-for-critical-reaction-in-converting-lignin-to-useful-products.html

米国再生可能エネルギー研究所 (NREL) の研究者を中心にした国際研究チームが、リグニンの変換に効果のある、シトクロム酵素P450 (佐野注: 特定の酸化還元酵素ファミリーに属する酵素の総称) を発見して、その特質を明らかにした。シトクロム酵素P450は地上で最も用途の広い酵素の一つで人体内にも存在し、毒性物質を含む物質の代謝含め多くの代謝経路にも関わりがある。この酵素には長い研究歴があり、AからMまでの分類もされている。

  

2018/7/23 月曜日

日本チーム: 豊富な資源ベースの画期的光触媒を発見

Green Car Congress
Japan team discovers novel photocatalyst composed of abundant elements; overturns conventional views
http://www.greencarcongress.com/2018/07/20180702-photocat.html

東京工業大学を中心とした研究グループが、酸フッ化物 (oxyfluoride) に光駆動による可視の光触媒効果があることを確認した。これは可視光吸収性半導体物質を利用して、太陽エネルギーを燃料エネルギーに変換するということで、人工光合成と太陽エネルギー研究の新しい扉を開くものである。

  

2018/7/13 金曜日

CO2を”化学品”に変える脱炭素化技術「人工光合成」

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,方針・政策   by editor6 @ 0:15:53

資源エネルギー庁  July 5, 2018
CO2を“化学品”に変える脱炭素化技術「人工光合成」
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/jinkoukougousei.html


  

2018/7/7 土曜日

遺伝子操作でバイオマス分解酵素を改善

Green Car Congress June 20, 2018
New genetic engineering technique improves enzyme’s ability to breakdown biomass
http://www.greencarcongress.com/2018/06/20180619-nrel.html

米再生可能エネルギー研究所/ジョージア大の共同研究による、遺伝子工学ベースの酵素を利用した、バイオマスの分解効率を改善する技術が公開された。

  

2018/7/1 日曜日

リグニンを利用しやすくする酵素の仕組みを発見

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,環境・エネルギー   by editor6 @ 9:32:56

Green Car Congress June 28, 2018
Researchers discover new enzyme paradigm for critical reaction in converting lignin to useful products
http://www.greencarcongress.com/2018/06/20180628-lignin.html

国際研究チームが協力して、リグニンを有益な化学物質に変換する手掛かりとなる、新しい酵素カテコールに変換する酵素 cytochrome P450の新しいP450ファミリーを発見した。

  

2018/6/25 月曜日

欧州の使い捨てプラスチック市場はいまだ先行き不明

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,方針・政策   by editor6 @ 9:38:07

Bio Plastics Magazine June 1, 2018
European Bioplastics: directive on single-use plastic products is ‘vague’
http://www.bioplasticsmagazine.com/en/news/meldungen/20180601European-Bioplastics–directive-on-single-use-plastic-products-is–vague-.php

欧州委員会が各種使い捨てプラスチック製品の使用制限を含む海水汚染防止対策案をまとめた。しかしこれをまとめた当事者自身が、対策案浜で不十分であることを認めている。

  

2018/6/23 土曜日

米エネルギー省 バイオ燃料・製品関連開発計画用微生物の開発に4千万ドル割り当てを決定

カテゴリー: 方針・政策,環境・エネルギー   by editor6 @ 16:17:19

エネルギー省2018/6/18
DOE announces $40 million for 31 microbe-based research projects benefiting biofuels and bioproducts
https://www.energy.gov/articles/department-energy-announces-40-million-bio-based-research

米国エネルギー省は、バイオ原料を利用してバイオ燃料とそのほかのバイオ製品の生成するときに必要な微生物の開発の開発研究資金として、4千万ドルを割り当てるてることを決めた。

  

2018/6/17 日曜日

40億ドルを超えた世界の海草市場

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,藻・光合成   by editor6 @ 10:10:15

Algae Industry Magazine June 10, 2018
Global seaweed market passes $4 billion in new study
http://www.algaeindustrymagazine.com/global-seaweed-market-passes-4-billion-in-new-study/

極東に限定されていた利用が世界に広がるとともに需要が拡大している海草市場の動向をまとめた市場予測である。

  

2018/5/31 木曜日

ハンガリーにおける藻肥料の利用例

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,方針・政策,藻・光合成   by editor6 @ 21:02:12

Algae Industry Magazine May 15, 2018
In Hungary, algae-based fertilizer turns vegetable farming green
http://www.algaeindustrymagazine.com/in-hungary-algae-based-fertilizer-turns-vegetable-farming-green/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+AlgaeIndustryMagazine+%28Algae+Industry+Magazine%29

EUが推進している、藻ベースの肥料を使うことを特徴とするVegaAlga と呼ぶプロジェクトのハンガリーの実施例が紹介されている。

  

2018/5/30 水曜日

先進バイオ燃料の生成法

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,環境・エネルギー   by editor6 @ 9:27:35

Energy Daily May 24, 2018
Advanced biofuels can be produced extremely efficiently, confirms industrial demonstration
http://www.biofueldaily.com/reports/Advanced_biofuels_can_be_produced_extremely_efficiently_confirms_industrial_demonstration_999.html

入手が簡単な植物を利用したエネルギーへの転換が進行している。簡単に入手できる植物性バイオマスをガス化した原料からエネルギーを作る技術で10年の研究歴を持つ、スウェーデンのチャルマース工科大学の成果が紹介されている。

  

2018/5/29 火曜日

2023年 藻製品の世界市場規模

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,藻・光合成   by editor6 @ 0:14:05

Algae Industry Magazine Apr 25,2025
Algae products market projects $5.17 billion by 2023
http://www.algaeindustrymagazine.com/algae-products-market-projects-5-17-billion-by-2023/

最新の市場調査によると藻を原料とした、燃料を除く化学製品の2018年の推定世界市場規模は約40億ドルで、5年後には約52億ドルになる。

  

2018/5/25 金曜日

5年後の藻の世界需要

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,方針・政策   by editor6 @ 20:18:37

Algae Industry Magazine May 20, 2018
Algae products market growth projections 2018-2023
http://www.algaeindustrymagazine.com/algae-products-market-growth-projections-2018-2023/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+AlgaeIndustryMagazine+%28Algae+Industry+Magazine%29

新しく公開された市場報告は、藻の加工製品の需要が急速に増える理由の一つに菜食の普及を上げ、世界需要が今後5年間に40億ドルから52億ドルに拡大すると予測している。背景には健康食品を中心とした消費者意識の高まりがある。

  

2018/5/24 木曜日

漁場を養う海中牧草地

カテゴリー: 環境・エネルギー   by editor6 @ 9:18:02

Science Daily May 21, 2017
World’s biggest fisheries supported by seagrass meadows
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/05/180521131743.htm

イギリスとスェーデンの学者が共同して漁業における海草の役割について調べ、これに関する理解の不足が明らかになり、この理解が深まれば漁業はさらなる振興を続け、食の安全保障も強化されることを確認した。

  

2018/5/22 火曜日

藻の精製に期待される水熱液化技術

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,環境・エネルギー   by editor6 @ 0:19:42

Algae Industry Magazine April 1, 2018
Why Hydrothermal Liquefaction hasn’t taken off yet
http://www.algaeindustrymagazine.com/why-hydrothermal-liquefaction-hasnt-taken-off-yet/

これまで藻の精製に利用されてこなかった水熱液化技術が、ミネソタ大学と中国国立中正大学の研究により脚光を浴びるようになった。

  

2018/5/20 日曜日

EUの植物系バイオ燃料プロジェクト

Green Car Congress May 15, 2018
Global Bioenergies to lead $24M REWOFUEL project to demonstrate the production of isobutene-derived gasoline and jetfuel from wood residuals
http://www.greencarcongress.com/2018/05/20180515-rewofuel.html

EU各国企業とリンツ大学の協力で、従来は廃棄していた木材残渣からイソブテン誘導のガソリンとジェット燃料を作る技術の開発プロジェクトが、3年の計画で発足した。

  

2018/5/18 金曜日

AIM AlgEtano vs OriginClear

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,方針・政策,藻・光合成   by editor6 @ 13:20:01

AlgaeIndustryMagazike May 13, 2018
AlgEternal ups production with OriginClear technology
http://www.algaeindustrymagazine.com/algeternal-ups-production-with-originclear-technology/?utm_source=feedburner&dojoutm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+AlgaeIndustryMagazine+%28Algae+Industry+Magazine%29

水処理企業と化粧品など高付加価値製品のメーカーが、藻の生産と利用のそれぞれの専門領域で技術を共有できる5年間のパートナー契約を結んだ。

  

2018/5/13 日曜日

バイオプラスチックは経済成長を超えた

カテゴリー: 化学工学・バイオ・環境,方針・政策   by editor6 @ 10:05:36

 Bioplastics Magazine May 11, 2018
New report says bioplastics will outpace the economy as a whole
http://www.bioplasticsmagazine.com/en/news/meldungen/20180511-New-report-says-bioplastics-will-outpace-economy.php

バイオプラスチックの普及速度は一般経済を超えた。現在の最大用途は包装だが、将来は使い捨て食器や玩具などに利用が広がる。需要家意識の高度化とともに石油ベースからバイオベースへの転換はさらに進む。

  

植物性油生成の阻害要因の排除

Bio Fuel Daily April 10, 2018
Removing the brakes on plant oil production
http://www.biofueldaily.com/reports/Removing_the_brakes_on_plant_oil_production_999.html

ブルックヘイブン米国立研究所で、植物内部で油の生成を妨げているのは、植物に与えられる過剰の脂肪酸であることが分かった。

  

藻が大気からCO2をなくす可能性

Bio Fuel Daily April 16, 2018
Algae-forestry, bioenergy mix could help make CO2 vanish from thin air
http://www.biofueldaily.com/reports/Algae_forestry_bioenergy_mix_could_help_make_CO2_vanish_from_thin_air_999.html

バイオエネルギーの選択肢が増えるなかで、アメリカの大学で関連の新らしい技術を利用する研究が進んでいる。とくに藻にはCO2の回収と貯蔵の技術も含めて期待できることが多い。

  

2018/5/12 土曜日

木の利用に役立つ木質生成モデル

Bio Fuel Daily April 24, 2018
Wood formation model to fuel progress in bioenergy, paper, new applications
https://news.ncsu.edu/2018/04/wood-formation-model-lignin/

ノースカロライナ州立大で30年以上続けている、木の生成過程を想定したシステム生物学モデルを使って、リグニンの生成の関係している21種類の形成遺伝子のオンオフ切り替えができるようになり、これができると、将来は新しい研究の出発点として拡張できそうだ。